価値を知ろう|ダイヤモンドを買取りに出す際のコツ【価値の分かる専門店がベスト】|Jewel.com
ダイヤモンドのイラスト

ダイヤモンドの評価や買取基準を詳しく説明!カットの種類もチェック

豊富な種類

ダイヤモンドのカットには様々な種類が存在しています。ランキングでカットの種類を紹介していくので、チェックしておきましょう。また、4Cと呼ばれるダイヤモンドの評価基準もお教えしていきます。

カットの種類ランキング【ダイヤモンド】

no.1

ラウンドブリリアントカット

1位はラウンドブリリアントカットです。ラウンドブリリアントカットは最もダイヤモンドの輝きを引き出すことができると言われています。古くから人気の高いカット方法です。58面体のカットがとても美しい輝きを放ってくれるでしょう。

no.2

オーバルブリリアントカット

2位にランクインしたのは、オーバルブリリアントカットです。楕円形をしているのが特徴と言えるでしょう。また、オーバルブリリアントカットは上品で落ち着いた印象の輝きを放ちます。結婚指輪にも使われることが多いカット方法です。

no.3

ペアシェイプブリリアントカット

3位にはペアシェイプブリリアントカットがランクインです。雫のような形が特徴で、ティアドロップとも呼ばれることがあります。比較的大きめのダイヤモンドをカットする時に使用する方法です。ペンダントトップとして利用されることが多いでしょう。

価値を知ろう

ダイアモンド

4Cで決まる

ダイヤモンドの価値は、4Cで決まります。買取価格にも大きく影響してくるでしょう。4Cとはカラットとカラー、クラリティとカットの頭文字4つに由来しています。専門の査定士は、この4つの基準を参考にしてダイヤモンドの価値を決めているのです。また、4Cは世界基準として知られています。

カラットが重要

カラットは重量の単位として知られています。勘違いされる方も少なくないですが、大きさではなく重さの単位なのです。基本的にダイヤモンドはそれほど大きな宝石ではありません。その為、4Cの中でもカラットはとても重要視されているのです。カラットの単位が大きくなれば、それだけ買取価格も高くなります。

クラリティも大切

カラット以外の評価基準については、クラリティやカットが挙げられるでしょう。特に、クラリティは一般的に聞きなれない言葉だと思われます。内包物などがダイヤモンド内にあると、透明度に影響してしまうのです。そのため、内包物のないダイヤモンドは高く売ることができるでしょう。買取査定前にチェックしておくのがおすすめです。

買取査定の前にこのページをチェックしましょう

ダイヤ

高く売るポイント

ダイヤモンドジュエリーを高く売るためのポイントを紹介しているページです。事前に目を通しておくようにしましょう。

READ MORE
アクセサリー

色とグレード

色によってダイヤモンドの価値は変わってきます。こちらでは色による違いについて勉強することができます。カラーとカラットの違いも紹介しています。

READ MORE
電卓

ポイントを押さえて店舗を選ぶ

買取専門店を選ぶコツを押さえておきましょう。このページでは、専門店選びのチェックリストも見ることができます。

READ MORE
ダイアモンド

価値を知ろう

ダイヤモンドの評価基準は4Cです。このページでチェックすることができます。カット方法のランキングも必見です。

READ MORE
広告募集中